【PR】退職代行なら弁護士法人みやびがおススメ!

24時間体制なので思い立った時にいつでも利用できる
弁護士が行う退職代行なので安心して全てお任せできる
未払い賃金の請求や失業保険・傷病手当の申請もオプションで面倒を見てもらえる
弁護士法人みやびは良い口コミがいっぱいです!

詳しくはこちら
退職代行ブログ

続けることだけが美徳じゃない!退職・転職した先にある幸せ

石の上にも三年 退職代行ブログ
この記事は約10分で読めます。

世の中には「最初から天職に就けた」「何の不満もないほど恵まれた会社に巡り合えた」という幸運な人もいますが、そうではない人もいます。

就職先の社風が自分に合っていなかったり、不得意な職務の部署に配属されてしまったりした場合に、それでも耐え忍び、我慢し続けることが、人生において正しい選択といえるのでしょうか?

いや、そうではない…という話をこれからします。

日本人には「続けること(辞めないこと)が美徳」とする文化がある

続けることを美徳とする日本では、「諦めずに成し遂げた」という美談ばかりが強調され、逆に「諦めたから大成した」という話はあまり出てきません。

たとえば『石の上にも三年』ということわざ。辛抱強いことが美徳とされる、日本らしい言葉です。

石の上にも三年

『石の上にも三年』は「辛くても我慢強く耐えていれば、いつかは必ず成功する」というポジティブな意味合いの言葉です。たとえ冷たい石でも、長く座り続ければ暖まることを表しています。(※『三年』は「長い年月」を表す言葉であり、「三年間」ではありません)

しかしながら、「どんなに辛くても三年は辞めずに続けるべき」「どんなに嫌なことでも三年は続けなければならない」と誤用している人も多いのではないでしょうか?『石の上にも三年』は決して「辛くてもすぐに辞めてはいけない」という根性論のような言葉ではありません。

それなのに、退職を申し出ると「入社して一年や二年で辞めるなんて早すぎる。まだ何も分かっていないのに、自分に合う仕事かどうかなんて判断できるわけがない。『石の上にも三年』と言うだろう。もう少し頑張ってみたまえ」なんて言う上司も存在します。

「石の上にも三年」の類義語

火の中にも三年 我慢強いこと
茨の中にも三年の辛抱 辛いこともじっと我慢していれば、そのうち幸運が訪れる
辛抱する木に金がなる 辛抱強くこつこつ努力すれば、やがて幸運も財産も手に入れられる
雨垂あまだれ石を穿うがつ (点滴穿石てんてきせんせき) 小さな水滴でも、長く落ち続ければ石に穴を開けることができる
愚公山を移す (愚公移山) どんなに困難なことでも努力を続ければ、やがては成就する
塵も積もれば山となる 小さなことでも少しずつ積み上げていけば、大きな成果となって現れる
牛の歩みも千里 足が遅いウシでも歩みを重ねれば、やがて千里に至る
千里の道も一歩から 千里の遠い所へ行くにも足元の第一歩から始まる(身近なところから着実に努力を重ねていくことで成功に繋げられる)
ローマは一日にして成らず 大事業は短期間では成し遂げられない(長い年月にわたる努力の積み重ねがあってこそ成し遂げられる)
継続は力なり 何事も続けることが成功するための一番の秘訣である
待てば海路の日和あり 待っていればそのうちにかならず航海に適した穏やかな天気になる
待てば甘露の日和あり 待っていれば、甘露が降ってくるような日もある(待っていれば、やがてよい機会がめぐってくる)
嵐の後には凪が来る 嵐の後に静けさがやって来る(焦らずに待てばいつかはチャンスが訪れる)
雨の後は上天気 雨が上がったあとは晴天になる(困難の後はいい結果やいい関係になる)
雨降って地固まる 雨が降った後、緩んでいた地面が固くなる(困難があった後は、かえって物事がよりよく治まる)
果報は寝て待て 幸運は力でどうにもならないので、焦らずその時が来るのを待つのが良い
転石苔てんせきこけを生ぜず (転石苔むさず) 転がる石には苔が生えない(何事も落ち着いて行わないと、大成できない)

三年耐えることよりも「どの石を選ぶか」が大切

熱伝導率が高く蓄熱性の高い石もあれば、そうではない石もある

どんな世界でも、長年続けていれば皆その領域で一流になれるかといえば、そうではありません。

どんな分野に挑戦しても初めからそこそこ結果を出せる人もいますし、逆に真面目に努力してもなかなか芽が出ない人もいます。

向き・不向きは誰にでもあります。

また、実際に向いている仕事かどうかは働いてみないと分からないことの方が多いです。

熱伝導率が高く蓄熱性の高い石もあれば、そうではない石もあります。また、石の厚みによっても、暖まりやすさは違います。ただやみくもに暖め続けるのではなく、暖まりやすい石を探し直すことも大切です。

違う石を拾えば(環境を変えれば)、より速く効率的に暖めることが出来る(より速く効率的にスキルアップを実現できる)かもしれませんよ。

環境が悪いと出るはずの芽も出ない

植物も人間も芽が出る条件は似ている

種をまいても芽が出ないという場合、発芽の条件が整っていないことが原因であることが多いです。それは植物も人間も同じです。

まず、植物の場合、種が発芽するには「水」「温度」「酸素」が必要です。

  • 乾燥状態だと、いくら他の条件を揃えていても発芽することはありません。
  • 水分が少なすぎると、発芽に必要な量を吸収できず、発芽が遅れます。
  • 水分が多すぎると、酸素の供給が妨げられ、発芽が阻害されます。
温度
  • 温度が低すぎても高すぎても発芽しません。
  • 20℃~25℃を発芽適温とするものが多いです。
  • 30℃以上の高温を好む植物や、20℃以下の低温を好む植物もあります。
酸素
  • 種子に蓄えられていた養分を呼吸によって分解することによって、発芽に必要なエネルギーを得ています。その過程で多量の酸素を必要とします。

人間も同じで、条件が揃わないと芽が出ません。

どれだけその人個人の中に才能(芽が出る要素)を持っていても、条件が整わないと芽が出なかったり、芽が出るまでに時間が掛かったりします。

逆に言えば、芽が出るようにするには、環境を整えることが大事です。合わない環境で我慢して頑張り続けるよりも、思い切って違う環境に出てみたら、成功するケースも多いです。

あなたに合う環境は必ずある

適材適所

『適材適所』とは、その人の適性や能力に応じて、それにふさわしい地位・仕事に就かせることです。

もともとは、建築現場で、木材の使い分けを行う際に使われてきた言葉です。木材にはさまざまな種類があり、それぞれの特徴も異なるので、全く同じように扱うことには無理があります。適した用途で使い分けることを『適材適所』と言います。

スギ まっすぐに育つので、加工がしやすく、多目的に使用されます。
ヒバ 腐食に強いので、雨風に晒される箇所に使用されます。
ヒノキ 硬くて腐りにくいため、土台に使用されます。強度があるので、柱にも使用されます。
マツ 横にかかる力に強いので、梁や桁に使用されます。

木材と同様に、人材にも多種多様の特徴があり、それぞれの人材を、性格やスキル(得意/不得意)などを考慮して配置することで、個々のパフォーマンスを最大に引き出したり、弱点を補い合ったりすることができます。

適材適所を妨げる企業体質

学歴や実績などを重視した人材配置

どれだけ過去の経験や実績が豊富な人材でも、環境が適さなければ活躍は期待できません。

たとえば、首都圏で多くの営業実績を出していた人でも、まったく知らない田舎の土地で同じだけの営業成績を出せるとは限りません。また、まったく畑違いの部署に回された人が、前の部署と同じように成果が出せるとは限りません。

仕事は辛くて当たり前という価値観

完全にストレスゼロで働ける仕事はほとんどありません。その意味では「仕事は辛くて当たり前」「給料は我慢の対価」です。

ただし、心身が追い込まれるほど辛いと感じているなら話は別です。

仕事が辛いと感じる理由は人それぞれ異なりますが、人間関係に理由がある場合は、どんな仕事をしていても辛く感じます。ハラスメントや職場いじめがある場合にまで「仕事は辛くて当たり前」の一言で片づけてしまうのは間違っています。

劣悪な環境が今後も改善されることが見込めないのであれば、早々に辞めてしまうのが賢明です。

同調圧力(ピアプレッシャー)

日本では和を重んじる傾向があるため、協調性を重視した働き方が根付いています。日本人は「皆と同じ」だと安心し、そうでないとなんだか不安になる国民性を持っています。

能力や感じ方、キャパシティ(耐えられる許容量)は人それぞれ違うのですが、ストレスが限界まで達しているのに「他の皆が『働きやすく居心地の良い会社』だと言っているから」などと我慢してしまうと、心身を害してしまいます。深刻になればなるほど回復に時間がかかるため、「合わないな」と思ったら早めに見切りをつけて活躍できる環境に移ることも大切です。

合わない会社で働き続けるよりも転職しよう

定年まで勤めあげることが美徳とされていたのは、過去のこと。昔は、1つの会社で忍耐強く働き続けることが良いこととされてきましたが、今は大きく変わりつつあります。

最近では、「合わない会社で働き続けるくらいなら、転職したほうがいい」と考える人も少なくありません。転職を繰り返すことでキャリアアップを図っている人もいます。

労働環境によって働くことへの楽しさややりがいも変わっていきます。あなたが輝ける環境を見つけられることを心から応援しています。

退職は逃げではない

冒頭でご紹介した通り、日本には「続けることが美徳」「辞めないことが美徳」という文化があります。なかには、仕事が辛いから転職することに対して「逃げ」「悪」だと決めつける人もいます。

しかし、それはおかしな話です。

人間にも「適材適所」は当てはまります。自分にとって耐え難い環境を離れて適した環境に身をおくことは、ごくごく自然なことです。むしろ、適した環境でなければ、能力を発揮できません。

会社は世の中にたくさんあります。今の会社に居続けなければいけない理由があれば別ですが、理由がないのなら転職で環境を変えてみましょう。

辞めづらいときは退職代行を使って辞めてもよい

「仕事が合わない」「仕事を続けることが苦痛」「辞めたいけど言いづらい」「退職届を受け取ってもらえない」などの事情がある方は、退職代行を使うことをオススメします。退職代行を使えば、会社に出社したり、上司と直接話したりすることなくスムーズに辞めることが出来ます。

退職代行サービスおすすめ10選をチェックする

当サイトではおすすめの退職代行サービスを10個ご紹介していますが、どれも人気の退職代行業者で魅力的なものばかりです。もし迷ってしまったら弁護士法人みやびが最もおすすめです。

  1. 24時間体制なので思い立った時にいつでも利用できる
  2. 弁護士が行う退職代行なので安心して全てお任せできる
  3. 未払い賃金の請求や失業保険・傷病手当の申請もオプションで面倒を見てもらえる

以下、弁護士法人みやびの退職代行サービスについてご紹介します。

当サイト最もオススメの退職代行「弁護士法人みやび」

サービス名 弁護士法人みやびの退職代行サービス
運営会社名 弁護士法人みやび
料金(税込) 55,000円+実費(郵送代など)
返金保証 記載なし (退職率100%)
無料相談 あり
相談受付時間 (LINE/メール)24時間対応
代行内容 弁護士が退職代行・直接交渉
※即日対応可能
オプション 別途、未払い賃金/残業代や退職金請求・回収など依頼可能(※報酬は回収額の20%)
運営会社ホームページ https://www.miyabi-law.jp/
依頼先 公式サイトはこちら

弁護士法人みやびの退職代行サービス」は、弁護士が退職代行・直接交渉するタイプの退職代行サービスです。

料金は少々高めですが、「弁護士が対応してくれること」が決め手となり、弁護士法人みやびに退職代行をお願いする人が増えています。「確実に、なるべく円満に辞めたい」「(未払い賃金の回収や有休の消化などで)損をしたくない」から、少々高くても弁護士に依頼したい人が多いのでしょう。

また、 24時間対応してくれる点も人気です。夜間早朝でも対応してもらえるので、「辞めたい!」と思い立ったときにすぐに行動に移せます。

会社に対して要望があったり、会社と何らかの交渉が必要な場合には、弁護士法人みやびがオススメです。

「弁護士法人みやびの退職代行サービス」の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました