退職代行ブログ

【リセマラ転職】配属ガチャがハズレなので会社を辞めて転職したい

【リセマラ転職】配属ガチャがハズレなので会社を辞めたい 退職代行ブログ
この記事は約12分で読めます。

先日、上司ガチャがハズレだった場合の対処法について書きました。

今日は、配属ガチャでハズレを引いた場合について書いてみます。

最初の配属は、その後のキャリアに大きな影響を及ぼすと考える人も多いため、配属ガチャで一喜一憂する姿も多く見受けられます。

配属ガチャがハズレだったので仕事を辞めたい!

配属ガチャとは

辞令が出るまで「どの部署に配属されるか」分からないことを表現する言葉です。

配属ガチャでは、主に、希望の部署に配属された場合は「アタリ」、そうでない場合は「ハズレ」となります。

最初の配属は、その後のキャリアに大きな影響を及ぼすため、希望通りでなかったり不人気だったりする「ハズレ」の部署に配属された場合は、一気に負け組になったような挫折感を味わう人もいます。

配属ガチャという言葉が生まれた背景

まだまだ日本企業の多くは、新卒学生を「総合職」として大量に採用する新卒一括採用方式で、定期的な人事異動(ジョブローテーション)を通じて人材を育成していく方法を採っています。

そして、この採用・育成方式においては、「どの部署に配属されるか」は自分の力だけではどうにも出来ない、運要素が強く出る事象です。

そのため、「引くまで何が出るか分からない」カプセルトイやソーシャルゲームのガチャになぞらえて、「配属ガチャ」という言葉で表現されています。

一方で、欧米のように、職種別や配属先が決まった状態で採用活動を行うジョブ型雇用(ジョブ型採用)の企業もあります。

【例】KDDIでは、本人の能力と希望に応じて最初の配属を確約する採用方式を一部取り入れています。

具体的には、これまでの経験やスキルを活かしたフィールドで経験を積みたい方向けの【WILLコース】と幅広い事業領域・技術領域で経験を積みたい方向けの【OPENコース】の採用を行っています。

また、ドラフト会議方式で配属先を決定する会社もあります。

新入社員が、採用枠のある部署に希望を出し、部署側は希望者の中から指名する方式です。新入社員側としては希望部署にアピール出来ますし、部署としてはヤル気に満ちた新入社員を採ることが出来るため、双方にとって都合の良い配属決定スタイルです。

配属ガチャのハズレの例

主に、理想の配属先と現実の配属先が不一致の場合に「ハズレ」だと感じやすいです。

  • 希望していた仕事に就けると思っていたが、全く違う部署だった
  • 実家から通勤できると思っていたが、入社したら遠い地方の営業所に配属された

配属ガチャに当たるための「ハイカツ」なるものもある

最近では内定から入社までの間に、希望する配属部署に入るために会社に働きかける配属活動(ハイカツ)をする学生も増えているそうで、人事担当者の新たな悩みの種となっています。

配属ガチャの類義語

運良く希望部署に配属されても、配属先の上司が高圧的な態度だったり無能で指導能力がなかったりといった「上司ガチャ」にハズレて悩む新入社員もいるようです。

就職ガチャ 入社してみないと会社内部のことは分からない
・アタリ…ホワイト企業
・ハズレ…ブラック企業
新卒ガチャ 新入社員は配属先を選ぶことができない
上司ガチャ 上司は選べない
先輩ガチャ 先輩は選べない
同僚ガチャ 同僚は選べない
勤務地ガチャ 勤務地は選べない

配属ガチャでハズレを引いた人の声

配属ガチャでハズレを引いたときの対処法6選

配属ガチャによって今やりたい仕事ができないことが耐えがたいほどの理不尽な状況かどうか、見極めましょう。

1.落ち込みすぎない

配属ガチャで希望の部署に行けなかったとしても、落ち込みすぎる必要はありません。

なぜなら、一般的に、配属先は、企業の経営戦略や人員計画などに基づいて、総合的な判断のもとに合理的に行われるからです。

具体的には、既に業務経験のある社員の配属の場合は、本人の希望以外にも、仕事ぶりや部署の意向などを考慮して異動が行われます。

一方で、新入社員の配属の場合は、本人の希望をある程度配慮するとしても、まだ働いた実績がなく、企業側も本人の実力や適性について正確に見極めきれてはいません(卒業したばかりでまっさらな状態のため、さほど能力差がないという事情もあります)。定期的な人事異動(ジョブローテーション)を通じて人材を育成していくことが標準であるため、本人の希望通りの配属にならないことも多いです。

配属では「何が出来るか」より「何が出来そうか」が重視されています。

だから、希望の部署に配属されなかったことについて「自分の実力が足りなかったからだ」とがっかり落ち込む必要は全くないです!

2.ハズレだと思う理由を明確にする

どうして配属ガチャで「ハズレ」を引いたと感じたのでしょうか?根拠を明確にしてみましょう。

ハズレだと思った理由を突き詰めていくと、「やりたいこと」や「やりたくないこと」が明確になり、この先異動願を出すにしても転職するにしてもキャリア志向などの価値観がはっきりし、先に進みやすくなります。

3.自分のスキルを分析する

異動・転職どちらの場合でも、保有するスキルの確認があるため、現状の能力を把握しておくと役立ちます。資格や技術、実績など、できることや自信のあることだけでなく、今できないこと(これから身に着けたいスキル)も明確にすると、今後の行動に活かせます。

求められている水準に達しているならば、すぐに行動すればよいですし、仮に足りないスキルがあるならば、身に着けるなり補うなり努力して、希望の部署が欲する人材になりましょう。(⇒次に挙げる4~6に深く関係してきます)

4.配属された仕事を精一杯頑張ってみる

現在の職場で働きつつスキルを磨いていくのも一つの選択肢です。

特に、総合職は、業務の幅が広く、良く言えば「何にでもなれる可能性が広がっている」仕事です。今まであまり興味を持ってこなかったことでも、やってみたら意外と上手く行って、そのままその道を極める人もいます。

とりあえず目の前の仕事を一生懸命こなしてみるのもいいでしょう。自分では思ってもいなかった才能や適職が見つかるかもしれませんよ!

5.異動願を出す

求められている水準に達していると感じるならば、再度スキルをアピールして異動を希望するのも良いでしょう。

仮に要求水準に達していなかったとしても、今の部署である程度の経験を積んだ後、異動願を出せば希望の部署に行ける可能性もあります。

どうしてもやりたい仕事があるのなら、独学で勉強したり、副業で働いてスキルを高めるのも良いですね。

6.転職活動をする

異動願を受け入れてもらえなかった場合や、「今すぐ転職したい!」という気持ちが強いのであれば、転職活動を始めましょう。転職先は長く働ける会社を選ぶと良いです。最初から職種が絞られている求人から選ぶのも良いでしょう。

転職活動は少しでも年齢が若い方が有利です。また、若いほど「失敗は成功のもと」という言葉で片づけてもらいやすいです。どんなに失敗してもいくらでも軌道修正して次のステップを踏み出すことができます。

与えられた環境で頑張ることは素晴らしいことですが、「頑張ること」と「ストレスを溜めながら我慢すること」は違います。もし、心身の健康を害するほどに配属に悩んでいるのなら、飛び出してみるのも一つの選択肢です。

新卒3年以内なら「第二新卒」枠が狙えます。

配属ガチャでハズレを引いたらリセマラ転職してもいい?

配属ガチャに失敗したら、リセマラ転職をすればいいと考える方もいるかもしれません。そこで、ここからはリセマラ転職について書いてみます。

リセマラ転職とは

「リセマラ転職」とは、希望の「アタリ」が出るまで転職を繰り返すことです。

詳しく説明すると、まず、リセマラとは「リセットマラソン」の略です。

そして、リセットマラソンとは、納得のいく結果を得られるまでゲームアプリのインストールとアンインストール(=リセット)を繰り返す行為を指します。

当たりが出るまでひたすら同じ作業を繰り返す行為が、耐久力が要求されるマラソンを思わせることが「リセットマラソン」と呼ばれる所以です。

多くのソーシャルゲームはチュートリアル終了後に初回無料ガチャを引くことが出来ますが、ここでスタートダッシュしてゲームを有利に進めたい場合、「ガチャで良いキャラが出なかった」などの理由でリセマラを行うのは、攻略手段の1つとして知られています。

リセマラ転職は推奨されるべきか?

答えは「NO」。

たしかに、転職は個人のキャリアにおいて重要な選択肢の一つです。

理想の仕事に就くことは、働くやりがいやモチベーションを維持するためにも非常に重要なことです。

しかし、転職を繰り返すことにはいくつかのデメリットがあります。

まず、単純に何度も頻繁に転職を繰り返していると、キャリアに傷がつく事になります。また、転職には時間やエネルギーがかかるため、何度も転職を繰り返すことはストレスや経済的な負担をもたらす場合もあります。

 

ベストは、1回目の転職で成功させること

転職エージェントを使って効率的に転職を成功させましょう。転職エージェントを使えば、「自分の能力と合致しているのか」「企業とのマッチングでミスマッチがないのか」など客観的な意見をもらえます。

  1. 転職エージェントに登録する
  2. 転職エージェントに転職の条件(やりたい仕事)を伝える
  3. 条件に合う転職先候補を転職エージェントに紹介してもらう
  4. 自分でも転職先候補の企業を研究する

まとめ

世の中には「最初から天職に就けた」「何の不満もないほど恵まれた会社に巡り合えた」という幸運な人もいますが、そうではない人もいます。どんな人にも向き不向きがあり、入社後に配属されて仕事をしてみないと本当に自分に合うかどうか分からないことも沢山あります。

適した環境でなければ、能力を発揮できません。(⇒「適材適所」)

配属ガチャでハズレを引いて、仕事や環境が「自分の理想と合っていない」と感じるのであれば、早めに軌道修正すればいい、むしろ早めに軌道修正して次のステップを踏み出した方がいいと、私は思います。

もし「仕事が辛い」「辞めたいけど言いづらい」「退職届を受け取ってもらえない」などの事情がある場合は、退職代行という方法があります。

退職代行を使えば、会社に出社したり上司と直接話したりすることなくスムーズに辞めることが出来ますので、ご自身で退職手続きを進める自信がない方にもオススメです。

退職代行サービスおすすめ10選をチェックする

当サイトではおすすめの退職代行サービスを10個ご紹介していますが、どれも人気の退職代行業者で魅力的なものばかりです。もし迷ってしまったら弁護士法人みやびが最もおすすめです。

  1. 24時間体制なので思い立った時にいつでも利用できる
  2. 弁護士が行う退職代行なので安心して全てお任せできる
  3. 未払い賃金の請求や失業保険・傷病手当の申請もオプションで面倒を見てもらえる

以下、弁護士法人みやびの退職代行サービスについてご紹介します。

当サイト最もオススメの退職代行「弁護士法人みやび」

サービス名 弁護士法人みやびの退職代行サービス
運営会社名 弁護士法人みやび
料金(税込) 55,000円+実費(郵送代など)
返金保証 記載なし (退職率100%)
無料相談 あり
相談受付時間 (LINE/メール)24時間対応
代行内容 弁護士が退職代行・直接交渉
※即日対応可能
オプション 別途、未払い賃金/残業代や退職金請求・回収など依頼可能(※報酬は回収額の20%)
運営会社ホームページ https://www.miyabi-law.jp/
依頼先 公式サイトはこちら

弁護士法人みやびの退職代行サービス」は、弁護士が退職代行・直接交渉するタイプの退職代行サービスです。

料金は少々高めですが、「弁護士が対応してくれること」が決め手となり、弁護士法人みやびに退職代行をお願いする人が増えています。「確実に、なるべく円満に辞めたい」「(未払い賃金の回収や有休の消化などで)損をしたくない」から、少々高くても弁護士に依頼したい人が多いのでしょう。

また、 24時間対応してくれる点も人気です。夜間早朝でも対応してもらえるので、「辞めたい!」と思い立ったときにすぐに行動に移せます。

会社に対して要望があったり、会社と何らかの交渉が必要な場合には、弁護士法人みやびがオススメです。

「弁護士法人みやびの退職代行サービス」の公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました